コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石川岩吉 いしかわ いわきち

美術人名辞典の解説

石川岩吉

教育家。広島生。国学院本科・和仏法律学校卒。皇子伝育官・宮内事務官・高松宮付別当・宮内省御用掛・国学院大学学長等を歴任。著書に『日本倫理史稿』『国体要義』がある。昭和35年(1960)歿、85才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石川岩吉 いしかわ-いわきち

1875-1960 明治-昭和時代の教育者。
明治8年2月22日生まれ。34年母校国学院の講師,42年国学院大主事兼皇典講究所幹事となる。昭和11年東宮傅育(ふいく)官,20年宮内省御用掛。21年国学院大理事長兼学長に就任。昭和35年6月6日死去。85歳。広島県出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

石川岩吉の関連キーワード昭和時代教育者教育家明治