石橋 智信(読み)イシバシ トモノブ

20世紀日本人名事典の解説

石橋 智信
イシバシ トモノブ

大正・昭和期の宗教学者 東京帝国大学教授。



生年
明治19(1886)年5月15日

没年
昭和22(1947)年12月21日

出生地
北海道

学歴〔年〕
東京帝国大学文科大学哲学科〔明治42年〕卒

学位〔年〕
文学博士〔大正10年〕

主な受賞名〔年〕
帝国学士院賞〔大正15年〕「メシア思想を中心としたるイスラエル宗教文化史」

経歴
卒後ドイツ留学、ベルリン大、ライプチヒ大で宗教学、旧約学を研究、大正3年帰国して東大講師、9年助教授となった。昭和9年文学部宗教学宗教史学科主任教授、22年退官。山口高校時代内村鑑三、植村正久キリスト教の影響を受け、熱心なキリスト教信者であった。学士院賞を得た著書のほか「旧約全書解題」「宗教学概論」「大思想エンサイクロペヂア」「宗教学論攷」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android