石瓦(読み)いしかわら

精選版 日本国語大辞典「石瓦」の解説

いし‐かわら ‥かはら【石瓦】

〘名〙 (「いしわら」とも)
① 石と。価値のない物にたとえたりする。
※康頼宝物集(1179頃)上「磨かざれば石瓦のごとし」
粘板岩でつくった屋根瓦

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の石瓦の言及

【瓦】より

…ごく一般的なものは直方体で無文であるが,特殊なものに文様を飾ったものや施釉の塼がある。【森 郁夫】
【洋瓦】
 西洋の瓦は,素材により石瓦,粘土瓦,木瓦の3種に分けられる。(1)石瓦は,地中海地域から北欧まで広く行われた屋根葺き材で,板状にした石の一端に穴をあけ,釘をさして,小舞(こまい)にひっかけるが,ふぞろいな隙間ができるので,かなり急傾斜に葺かねばならない。…

※「石瓦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android