コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

砂丘ながいも

デジタル大辞泉プラスの解説

砂丘ながいも

鳥取県東伯郡北栄町で生産されるナガイモ。砂丘地で栽培されるためまっすぐに生育し、肌が美しい。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

砂丘ながいも[根菜・土物類]
さきゅうながいも

中国地方、鳥取県の地域ブランド。
東伯郡北栄町で生産されている。砂丘ながいもは、地下1mほどの長さに育つ。昭和初期頃までは自家用として栽培されてきたが、のちに京阪神市場へ出荷を始め、昭和30年代にはスプリンクラー灌漑施設が整備されて、本格的な栽培の開始となった。鳥取砂丘で栽培された砂丘ながいもは、太さ・長さ・味ともに優れ、さまざまな料理に使える食材。

出典|日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について | 情報

砂丘ながいもの関連キーワード鳥取県東伯郡北栄町

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

砂丘ながいもの関連情報