コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

砂丘ながいも

デジタル大辞泉プラスの解説

砂丘ながいも

鳥取県東伯郡北栄町で生産されるナガイモ。砂丘地で栽培されるためまっすぐに生育し、肌が美しい。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

砂丘ながいも[根菜・土物類]
さきゅうながいも

中国地方、鳥取県の地域ブランド。
東伯郡北栄町で生産されている。砂丘ながいもは、地下1mほどの長さに育つ。昭和初期頃までは自家用として栽培されてきたが、のちに京阪神市場へ出荷を始め、昭和30年代にはスプリンクラー灌漑施設が整備されて、本格的な栽培の開始となった。鳥取砂丘で栽培された砂丘ながいもは、太さ・長さ・味ともに優れ、さまざまな料理に使える食材。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

砂丘ながいもの関連キーワード鳥取県東伯郡北栄町

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

砂丘ながいもの関連情報