コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出荷 しゅっか

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

出荷

製品ないし商品が、自社から顧客や市場(しじょう)に向かって出ること。倉庫から品物を搬出することを出庫といい、この場合の搬出先は顧客以外に、自社の店頭、営業所、他の倉庫の場合もある。 その会社が売上計上基準に出荷基準を採用している場合は、出荷と同時に売上が計上される。

出典|ナビゲートナビゲート ビジネス基本用語集について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しゅっ‐か【出荷】

[名](スル)荷を積み出すこと。特に、商品を市場に出すこと。「全国各地へ出荷する」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅっか【出荷】

( 名 ) スル
商品を市場へ出すこと。
荷物を積み出すこと。 「初荷を-する」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

出荷の関連キーワードビール系飲料の出荷量と販売数量リリースバージョンリカバリーDVD苫小牧産ほっき貝テスティングラボMDウォークマンびらとりトマトリカバリーCDめむろごぼう野菜指定産地かごしま黒豚BB レシオ実物有代見本エバミルクピッキングひやおろし春キャベツ見込み生産OEM版産地市場

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

出荷の関連情報