砂糖屋総左衛門(読み)さとうや そうざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

砂糖屋総左衛門 さとうや-そうざえもん

?-? 江戸時代前期の商人。
堺の富商。長崎にいって中国の貿易商人に金をかし(抛銀(なげがね)),利殖をおこなった。「全堺詳志」には寛永16年(1639)9月6日と17年12月27日付の総左衛門あての帖票がのせられている。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android