コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

砂脈 サミャク

デジタル大辞泉の解説

さ‐みゃく【砂脈】

地震による液状化によって砂を大量に含んだ地下水が噴出した通り道。液状化の痕跡として地中に保存されるため、通り道となった地層の年代測定から、その地震がいつ頃発生したかを推定することができる。→噴砂現象

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

砂脈の関連キーワード堆積岩脈

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android