コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磁界偏向 じかいへんこうmagnetic deflection

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

磁界偏向
じかいへんこう
magnetic deflection

電子ビームの方向を変えるために磁界を用いる方式。磁界中を運動している電子は,フレミングの左手の法則に従う力を受けてその進行方向が変化するので,この性質を利用して電子ビームを偏向できる。テレビジョン受像機のブラウン管では,互いに垂直な2つの磁界を用いて水平・鉛直方向に電子ビームを偏向し,ケイ光面上に画像を表わしている。 (→静電偏向 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の磁界偏向の言及

【電磁偏向】より

…磁界偏向ともいう。真空中の電子の流れを磁界により曲げること。…

※「磁界偏向」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android