コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

静電偏向 せいでんへんこうelectrostatic deflection

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

静電偏向
せいでんへんこう
electrostatic deflection

電界偏向ともいう。電子ビームの方向を変えるために電界を用いる方式。電界中で電子は電界と反対方向に力を受けるので,これを利用して電子ビームの進行方向を変えることができる。大きな角度に偏向するには高い電圧が必要であるが,偏向精度がよいので,シンクロスコープなどの計測用小型ブラウン管に用いられている。 (→磁界偏向 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せいでんへんこう【静電偏向 electrostatic deflection】

電界偏向ともいう。真空中の電子の流れを電界により曲げること。電子の流れに垂直に電界をかけるとクーロン力により電子は電界と反対の方向に力を受け,その進行方向を変える。各種陰極線管の電子ビームの方向制御に使われる。【岡部 洋一】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

せいでんへんこう【静電偏向】

電子線などに電界をかけることにより、その進行方向を曲げること。ブラウン管などに応用される。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

静電偏向の関連キーワードオシロスコープ電磁偏向電子線電子管計数管電界

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android