コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磨崖仏・摩崖仏 まがいぶつ

大辞林 第三版の解説

まがいぶつ【磨崖仏・摩崖仏】

自然の岩壁を利用し、その岩面に彫刻された仏・菩薩像。インドで発生、中国・朝鮮に広がった。日本には奈良時代に伝わり、平安以降に製作されたものがのこる。宇都宮市大谷おおや・臼杵うすき市臼杵磨崖仏などが名高い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

磨崖仏・摩崖仏の関連キーワード奈良時代臼杵石仏岩壁