コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

笠置山 かさぎやま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

笠置山
かさぎやま

京都府南端部,笠置町にある山。笠置山地の主峰。標高 324m。花崗岩から成る急峰で木津川峡谷を見おろす要害の地。磨崖仏があり,奈良時代から弥勒信仰の山として知られ,鎌倉時代に貞慶により笠置寺が建立された。元弘1=元徳3 (1331) 年,後醍醐天皇が討幕の兵をあげ,笠置寺の別当聖尋を頼んでここに遷幸したが敗れた。笠置寺や古戦場,花崗岩の浸食による奇観などがあり,全山が国の史跡・名勝に指定,十三重石塔や銅鐘など多くの重要文化財がある。木津川峡谷とともに笠置山府立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かさぎ‐やま【笠置山】

京都府南部、笠置町にある山。標高324メートル。山上笠置寺がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

かさぎやま【笠置山】

奈良の日本酒。蔵元は「狭川酒造」。現在は廃業。蔵は奈良市下狭川町にあった。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かさぎやま【笠置山】

京都府南部,相楽郡笠置町にある山。標高288m。木津川南岸に位置し,西側を白砂川,今川,東側を布目川が流れ,いずれも深い峡谷を形成し,南へは尾根が続き柳生へ通じている。黒雲母花コウ岩からなる険しい山で,ふもとから山頂まで各所に絶壁,巨岩がある。山上に笠置寺や,虚空蔵石などの石仏群があり,平安時代には弥勒信仰の中心として尊崇を集めた。北麓に笠置温泉があり,西側山麓を中心に旅館などが多い。【金田 章裕】
[信仰]
 元弘の乱において後醍醐天皇は笠置山に入って倒幕挙兵をした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かさぎやま【笠置山】

笠置町南部にある山。海抜324メートル。木津川峡谷に臨む。山頂に笠置寺がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔京都府(奈良県)〕笠置山(かさぎやま)


京都府南部、奈良県境近くの木津(きづ)川南岸にある山。標高324m。木津川南岸の急崖(きゅうがい)上に平坦(へいたん)面が広がる。山頂の笠置寺には元弘(げんこう)の変(1331年)のさい後醍醐(ごだいご)天皇の行在所(あんざいしょ)がおかれた。虚空蔵(こくうぞう)石・弥勒(みろく)石などの石仏も多く、全山が国の史跡・名勝に指定。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

国指定史跡ガイドの解説

かさぎやま【笠置山】


京都府相楽郡笠置町笠置にある山。木津川の南岸にそびえ、笠置寺のある標高289mの頂上付近には奇岩や怪石が多く、ひときわ奇観を呈しており、後醍醐(ごだいご)天皇が行宮(あんぐう)を設けた元弘の乱の戦場として知られる。『笠置寺縁起』によると寺の開山は白鳳(はくほう)時代と伝えるが、巨岩を中心にした信仰は奈良時代以前から行われていたと思われ、その具体的な形が本尊とされる高さ16mの弥勒大磨崖仏(みろくだいまがいぶつ)や高さ12mの虚空蔵(こくうぞう)磨崖仏である。仏像は巨大な岩に仏の姿を刻んだもので、奈良時代末期の作と推定され、平安時代には末法思想による弥勒信仰の隆盛とともに信仰の対象となって「笠置詣で」の風習を生んだ。その後、元弘の乱によって弥勒大磨崖仏は焼け、現在は光背の形を残すだけだが、虚空蔵磨崖仏は優美な線で刻まれた姿が残り、日本で最大・最古の線形磨崖仏として保護されている。山域にはアラカシやクヌギ、アオキなどが自生し、全山が広葉樹におおわれて明るい自然林となっており、麓の河原にはサクラが植えられて花の季節や秋の紅葉シーズンにはとくに多くの行楽客でにぎわう。1932年(昭和7)に国の名勝・史跡に指定された。JR関西本線笠置駅から登山口まで徒歩約5分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

笠置山
かさぎやま

京都府南部、相楽(そうらく)郡笠置町にある山。木津(きづ)川の断層谷の南岸に臨み、笠置山地の最北端にあたる。標高324メートル。全山風化を受けやすい花崗(かこう)岩で構成され、山腹は急斜面をなしている。山中には花崗岩の節理に沿って侵食を受けた巨岩が重なり合い、また山上には真言宗智山派の笠置寺がある。ほかに後醍醐(ごだいご)天皇行宮(あんぐう)遺跡、磨崖(まがい)の虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)、弥勒(みろく)菩薩などがある。またサクラの木に富み、全山国の史跡・名勝、府立自然公園に指定されている。山麓(さんろく)には笠置温泉がある。JR関西本線笠置駅下車。[織田武雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の笠置山の言及

【笠置寺】より

…京都府相楽郡笠置町の笠置山頂にある寺。笠置山は木津川の南岸にあり,奈良県の柳生街道に面した登山口から登ると,本坊,弥勒石・薬師石・文殊石・虚空蔵石の石仏群があり,弥勒石の後山に後醍醐天皇の行在所(あんざいしよ)跡がある。…

※「笠置山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

笠置山の関連キーワード一宮〈桜山慈俊挙兵伝説地〉笠置形灯籠・笠置形燈篭南山城[村]笠置[町]蛭川[村]加茂[町]笠置(町)西園寺公宗笠置形灯籠織田武雄北条仲時大和高原千種忠顕1月7日楠木正成阿野実廉立岩遺跡藤原藤房足助重範花山院家

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android