コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

笠置山 かさぎやま

8件 の用語解説(笠置山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

笠置山
かさぎやま

京都府南端部,笠置町にある山。笠置山地の主峰。標高 324m。花崗岩から成る急峰で木津川峡谷を見おろす要害の地。磨崖仏があり,奈良時代から弥勒信仰の山として知られ,鎌倉時代に貞慶により笠置寺が建立された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かさぎ‐やま【笠置山】

京都府南部、笠置町にある山。標高324メートル。山上に笠置寺がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

かさぎやま【笠置山】

奈良の日本酒。蔵元は「狭川酒造」。現在は廃業。蔵は奈良市下狭川町にあった。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

かさぎやま【笠置山】

京都府南部,相楽郡笠置町にある山。標高288m。木津川南岸に位置し,西側を白砂川,今川,東側を布目川が流れ,いずれも深い峡谷を形成し,南へは尾根が続き柳生へ通じている。黒雲母花コウ岩からなる険しい山で,ふもとから山頂まで各所に絶壁,巨岩がある。山上に笠置寺や,虚空蔵石などの石仏群があり,平安時代には弥勒信仰の中心として尊崇を集めた。北麓に笠置温泉があり,西側山麓を中心に旅館などが多い。【金田 章裕】
[信仰]
 元弘の乱において後醍醐天皇笠置山に入って倒幕の挙兵をした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かさぎやま【笠置山】

笠置町南部にある山。海抜324メートル。木津川峡谷に臨む。山頂に笠置寺がある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔京都府(奈良県)〕笠置山(かさぎやま)


京都府南部、奈良県境近くの木津(きづ)川南岸にある山。標高324m。木津川南岸の急崖(きゅうがい)上に平坦(へいたん)面が広がる。山頂の笠置寺には元弘(げんこう)の変(1331年)のさい後醍醐(ごだいご)天皇の行在所(あんざいしょ)がおかれた。虚空蔵(こくうぞう)石・弥勒(みろく)石などの石仏も多く、全山が国の史跡・名勝に指定。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国指定史跡ガイドの解説

かさぎやま【笠置山】


京都府相楽郡笠置町笠置にある山。木津川の南岸にそびえ、笠置寺のある標高289mの頂上付近には奇岩や怪石が多く、ひときわ奇観を呈しており、後醍醐(ごだいご)天皇が行宮(あんぐう)を設けた元弘の乱の戦場として知られる。『笠置寺縁起』によると寺の開山は白鳳(はくほう)時代と伝えるが、巨岩を中心にした信仰は奈良時代以前から行われていたと思われ、その具体的な形が本尊とされる高さ16mの弥勒大磨崖仏(みろくだいまがいぶつ)や高さ12mの虚空蔵(こくうぞう)磨崖仏である。仏像は巨大な岩に仏の姿を刻んだもので、奈良時代末期の作と推定され、平安時代には末法思想による弥勒信仰の隆盛とともに信仰の対象となって「笠置詣で」の風習を生んだ。その後、元弘の乱によって弥勒大磨崖仏は焼け、現在は光背の形を残すだけだが、虚空蔵磨崖仏は優美な線で刻まれた姿が残り、日本で最大・最古の線形磨崖仏として保護されている。山域にはアラカシクヌギアオキなどが自生し、全山が広葉樹におおわれて明るい自然林となっており、麓の河原にはサクラが植えられて花の季節や秋の紅葉シーズンにはとくに多くの行楽客でにぎわう。1932年(昭和7)に国の名勝・史跡に指定された。JR関西本線笠置駅から登山口まで徒歩約5分。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
この内容は執筆時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

笠置山
かさぎやま

京都府南部、相楽(そうらく)郡笠置町にある山。木津(きづ)川の断層谷の南岸に臨み、笠置山地の最北端にあたる。標高324メートル。全山風化を受けやすい花崗(かこう)岩で構成され、山腹は急斜面をなしている。山中には花崗岩の節理に沿って侵食を受けた巨岩が重なり合い、また山上には真言宗智山派の笠置寺がある。ほかに後醍醐(ごだいご)天皇行宮(あんぐう)遺跡、磨崖(まがい)の虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)、弥勒(みろく)菩薩などがある。またサクラの木に富み、全山国の史跡・名勝、府立自然公園に指定されている。山麓(さんろく)には笠置温泉がある。JR関西本線笠置駅下車。[織田武雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の笠置山の言及

【笠置寺】より

…京都府相楽郡笠置町の笠置山頂にある寺。笠置山は木津川の南岸にあり,奈良県の柳生街道に面した登山口から登ると,本坊,弥勒石・薬師石・文殊石・虚空蔵石の石仏群があり,弥勒石の後山に後醍醐天皇の行在所(あんざいしよ)跡がある。…

※「笠置山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

笠置山の関連キーワード笠置寺笠置京都府相楽郡笠置町飛鳥路京都府相楽郡笠置町有市京都府相楽郡笠置町笠置京都府相楽郡笠置町京都府相楽郡笠置町切山京都府相楽郡精華町柘榴京都府相楽郡京都府相楽郡和束町園

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

笠置山の関連情報