コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

社会的選択と個人的価値 しゃかいてきせんたくとこじんてきかちSocial Choice and Individual Values

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

社会的選択と個人的価値
しゃかいてきせんたくとこじんてきかち
Social Choice and Individual Values

アメリカの経済学者 K.J.アローの主著 (博士論文) で,社会的選択の理論の古典。 1951年刊。アローは,バーグソン=サミュエルソン流の社会的厚生関数を社会の構成員の個人的判断から構成する民主主義的な社会的集計のルールは存在しないことを証明し「一般不可能性定理」を確立した。なお初版の公理系に対しては J.H.ブラウが社会的厚生関数を実際に構成し,反例をあげたため,第2版で公理系が修正された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

社会的選択と個人的価値の関連キーワードケネス アロー

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android