民主(読み)ミンシュ

デジタル大辞泉の解説

その国の主権が国民にあること。
人間の自由や平等を尊重すること。「民主の精神」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 人民の支配者。君主。
※神皇正統記(1339‐43)上「民主の子孫相続して久く君たりしが、漸正法も衰しより寿命も減じて八万四千歳にいたる」 〔書経‐多方〕
② 一国の主権が人民にあること。また、その政治や制度。
※百学連環(1870‐71頃)〈西周〉二「此政体なるものに二ツあり。一を Monarchy (君主の治)とし、一を Democracy (民主の治)とす」
[語誌](1)漢籍では、①のように「民ノ主」の意味で、②のような「デモクラシー」の意味で用いたのは西周が初めてであった。しかし、漢籍での意味と正反対の意味での使用にとまどいがあり、これが訳語「民主」の定着を阻んだと思われる。
(2)元来「デモクラシー」と「リパブリック」とは次元の違う概念であるが、明治二〇年代、政治思想としての「デモクラシー」を、北村透谷は「共和制」、若松賤子は「共和主義」と訳すなど、概念の混乱が見られ、「民主」が「デモクラシー」の訳語として定着したのは、明治三〇年代に入ってからであると思われる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

三密

仏教用語。主として密教でいわれ,身密,口密,意密の総称。仏の身体と言葉と心によって行われる3つの行為は,不思議であることから三密と称される。また衆生の身体と言葉と心によって行われる3つの行為も,その隠...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

民主の関連情報