民主(読み)みんしゅ

精選版 日本国語大辞典 「民主」の意味・読み・例文・類語

みん‐しゅ【民主】

〘名〙
人民の支配者。君主
神皇正統記(1339‐43)上「民主の子孫相続して久く君たりしが、漸正法も衰しより寿命も減じて八万四千歳にいたる」 〔書経‐多方〕
② 一国の主権が人民にあること。また、その政治や制度。
※百学連環(1870‐71頃)〈西周〉二「此政体なるものに二ツあり。一を Monarchy (君主の治)とし、一を Democracy (民主の治)とす」
[語誌](1)漢籍では、①のように「民ノ主」の意味で、②のような「デモクラシー」の意味で用いたのは西周が初めてであった。しかし、漢籍での意味と正反対の意味での使用にとまどいがあり、これが訳語「民主」の定着を阻んだと思われる。
(2)元来「デモクラシー」と「リパブリック」とは次元の違う概念であるが、明治二〇年代、政治思想としての「デモクラシー」を、北村透谷は「共和制」、若松賤子は「共和主義」と訳すなど、概念の混乱が見られ、「民主」が「デモクラシー」の訳語として定着したのは、明治三〇年代に入ってからであると思われる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「民主」の意味・読み・例文・類語

みん‐しゅ【民主】

その国の主権が国民にあること。
人間の自由や平等を尊重すること。「民主精神
[類語]主権在民

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「民主」の読み・字形・画数・意味

【民主】みんしゆ

民の主たる君。

字通「民」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

不信任決議

議院内閣制のもとで,議会が内閣を信任しない意思表示を決議によって積極的に表明すること。一般的には下院固有の権限であり,不信任決議案が可決成立した場合には内閣は総辞職するか下院を解散しなければならない。...

不信任決議の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android