コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

祝祭歌劇場 しゅくさいかげきじょう

1件 の用語解説(祝祭歌劇場の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

しゅくさいかげきじょう【祝祭歌劇場】

ドイツ南部、バイエルン州北部のフランケン地方の小都市バイロイト(Bayreuth)にある木造の歌劇場(オペラハウス)。旧市街とはバイロイト駅をはさんで反対側、グリューネンヒューゲル地区の閑静な住宅街のはずれにある。公園の芝生の中に立つオレンジ色の外観の建物である。この歌劇場は、ワーグナーWilhelm Richard Wagner、1813~1883年)が自分の作品を上演することを目的に、自らの楽劇理論を結集して計画・設計し、1872年に着工、1876年に完成した。こけら落としとして上演されたのが『ニーベルンクの指環』である。毎年7~8月にかけて、ここでバイロイト音楽祭が催されていて、ワーグナーの歌劇・楽劇が上演されている。◇現地名は「Richard Wagner Festspielhaus」。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

祝祭歌劇場の関連キーワードベルヒテスガーデンマイン川シュバーベンバイエルンエッタール修道院プリーンヘレンキームゼー城ミッテンワルトランツベルクワルハラ神殿

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

祝祭歌劇場の関連情報