歌劇(読み)かげき

精選版 日本国語大辞典「歌劇」の解説

か‐げき【歌劇】

〘名〙 (opera訳語) 歌手による歌唱を中心として展開する舞台劇。オペラ
※落梅集(1901)〈島崎藤村七曜のすさび・土曜日の音楽「はルスチンゲン、ワイベル歌劇(カゲキ)の『プロロオグ』を以て始まれり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の歌劇の言及

【オペラ】より

…古くはfavola in musica(音楽による物語),dramma per musica(音楽によるドラマ)等の呼称もあった。日本では〈歌劇〉と訳されている。芸術音楽のジャンルとしてのオペラは16世紀末にイタリアに生まれ,その後今日までヨーロッパの音楽の発展の中で重要な地位を占めている。…

※「歌劇」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android