コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神不滅論 しんふめつろんShen-bu-mie-lun

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

神不滅論
しんふめつろん
Shen-bu-mie-lun

中国,六朝時代に仏教輪廻説を信奉する人々が唱えた霊魂不滅論。人が死ぬと,肉体 (形) は朽ちるが,霊魂 (神) は消滅せずに次の新たな肉体に移り住み,そしてまた新たな生命活動が営まれ輪廻が続く,という考え。これは,輪廻思想をもたなかった中国の知識人が仏教を摂取する際に行なった輪廻の解釈で,肉体の死とともに霊魂も消滅する,と唱えて,輪廻を否定した仏教反対派の神滅論との間に論争がかわされた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

神不滅論の関連キーワード神滅神不滅

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android