コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

輪廻 りんねmetempsychosis; saṃsāra

7件 の用語解説(輪廻の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

輪廻
りんね
metempsychosis; saṃsāra

霊魂が,人間,動物あるいは場合によっては植物などと,1つもしくはそれ以上の存在に次々に生れ代っていくとする思想,信仰。普通アジアの宗教や哲学に顕著であるが,原始宗教,古代オリエントの宗教,マニ教,グノーシス主義,さらには神智学など現代の宗教運動にも輪廻の思想が見出される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

りん‐ね〔‐ヱ〕【輪×廻】

[名](スル)《「りんえ」の連声
《〈梵〉saṃsāraの訳。流れる意》仏語。生ある者が迷妄に満ちた生死を絶え間なく繰り返すこと。三界六道に生まれ変わり、死に変わりすること。インドにおいて業(ごう)の思想と一体となって発達した考え。流転。転生。輪転。「六道に輪廻する」
連歌連句で、一巻(ひとまき)のうちに同意・同想の言葉や意味が繰り返されること。また、付句打ち越しと似た語句・趣向を用いること。禁制とされる。
地学現象が一定の順序で生起し、循環的に繰り返すこと。浸食輪廻など。
執着の気持ちの強いこと。愛着。
「親の慈悲心、子故の闇、―の紲(きづな)にしめつけられ」〈浄・太功記

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

輪廻【りんね】

サンスクリットのサンサーラの訳。流転(るてん),転生(てんしょう)とも。インド思想の根本概念の一つ。生物は永劫(えいごう)の間,そのカルマ(ごう))の応報によって生まれ変わるとする考えで,輪廻の環から解放されることが解脱(げだつ)。
→関連項目因果ジャイナ教ジャータカ受肉ヒンドゥー教来世観惑業苦

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

岩石学辞典の解説

輪廻

問題とする系あるいは対象が,その始まりの状態あるいは変化系列がそれぞれ繰り返して生じるような変化の系列で,例えば堆積輪廻などである.堆積作用では,輪廻は岩石の単位群がある順序で生じ,連続的に繰り返すことが多いものと定義されている[Duff & Walton : 1962].ある決まった順序で繰り返し起こる現象の場合に,その一回の繰り返しを輪廻という.

出典|朝倉書店
岩石学辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

りんね【輪廻】

〈輪回〉とも書き,〈輪廻転生〉ともいう。サンスクリットでサンサーラsaṃsāra,英語でtransmigration,metempsychosis。車輪が廻転してとどまることのないように,次の世にむけて無限に生死をくり返すこと。原始段階では,人の死後,霊魂が鳥獣草木や他の人間に転生するという観念が抱かれたが,やがてインドやギリシアにおけるように,生前の行為と転生後の運命が因果的に結びつけられ,洗練された輪廻観が説かれるようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

りんね【輪廻】

( 名 ) スル
〔「りんえ」の連声〕
〘仏〙 〔 samsāra 流れる意〕 生あるものが死後、迷いの世界である三界・六道を次の世に向けて生と死とを繰り返すこと。インド思想に広くみられる考えで、仏教の基本的な概念。生死しようじ。輪廻転生りんねてんしよう。流転るてん
連歌・俳諧で、一巻中に同意・同想の語句や趣向が繰り返されるのを嫌っていう語。
ある一連の経過を経て生起する地学現象が、循環的に繰り返すと考えていう語。地形輪廻など。サイクル。
執着の深いこと。 「 -したる女かな/浄瑠璃・出世景清」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

輪廻
りんね

仏教の術語。人間は死後もなんらかの形で存続するという普遍的信念の一つの形態が輪廻で、とくにインドで発展した。人間の本質は実体的な霊魂である。一方、人間の行為(カルマン、業(ごう))はのちに影響を及ぼす潜在的な力(カルマン、業力)を生み、霊魂がこれを担うから、人は死後、生前の業に従ってしかるべき死後世界に生まれ変わる。こうして無限に再生を繰り返すのが輪廻である。サンスクリット語でサンサーラsamsraといい、「流れ」「回り巡ること」が原意である。死後世界は、基本的には、安楽な世界たる天、罰としての苦の世界たる地獄、人間、そして動物(畜生(ちくしょう))の世界である。業の発現の仕方は「自業自得(じごうじとく)」と「業果の必然性」を鉄則とする。自らの行為の果報はかならず自分に現れ、今世でなければ来世、あるいはその後の生に現れる、善因善果・悪因悪果の因果応報の考え方は現実社会の不平等を巧みに説明し、さらにその不平等を来世で回復してバランスをとりうる可能性を示す。心理的にも説得力があり、またなにゆえに善行をなさねばならないか、という倫理の根拠をも提示しつつ、遅くも紀元前4世紀にはインド社会に定着した。以降、今日に至るまでインド文化の基本的観念として思惟(しい)方法、宗教、哲学、社会慣習などに多大の影響を与えた。仏教では餓鬼(がき)ないし阿修羅(あしゅら)世界を加えた五道、六道輪廻の観念が発達し、東南アジア、中国、韓国、日本、チベットなどの仏教徒の生活をさまざまに規定している。[奈良康明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の輪廻の言及

【因果応報】より

… 仏教はそこに〈業(ごう)〉の理を導入した。とは本来は単に人間の行為のことであるが,一つの行為は必ず善悪・苦楽の応報をもたらすという因果観と結びつくことで,業は一種のパワーとみなされ,そこから過去・現在・未来の三世にわたる輪廻(りんね)の思想が,しだいに中国人の生死観に定着するようになった。こうして因果応報の観念は,超自然的ないし宗教的な枠組みへと拡大したのであるが,それが民衆教化の便法として〈勧善懲悪〉の教えに通俗化されると,世間法との自然な習合によって再び現世倫理と密着しつつ中国在来の宿命論的天命観と融合していった。…

【解脱】より

…モークシャmokṣa,ムクティmuktiなどの漢訳語。古来,インドで宗教の最高目標とされてきたもので,輪廻(りんね)(サンサーラsaṃsāra)からの脱却,〈苦〉からの脱却,永遠の生,不死など種々の定義があるが,全体として必ずなんらかの意味で輪廻からの脱却ということにかかわっている。歴史的にも,解脱の考えは輪廻思想の誕生と同時に発生している。…

【中国思想】より

… またこれとともに注目すべきことは,この時代になって初めて仏教が知識人の関心をひくようになったことである。その際仏教が六朝の知識人の心をとらえたのは,第1点は仏教の根本義である〈空〉が老荘の〈無〉に通ずるものをもつこと,第2点は従来の中国にはまったくなかった輪廻(りんね)説,三世報応説をもたらしたことである。ここでは第2点について見よう。…

【ヒンドゥー教】より

…1カルパは1000マハーユガに相当し,1マハーユガはクリタユガ,トレーターユガ,ドバーパラユガ,カリユガから成り,後のユガは前のユガよりも人間の信仰・道徳性などにおいて低下しており,現在は前3102年に始まった暗黒期にあたるカリユガに当たっており,この期の終りに大帰滅が起こるといわれている。(2)業と輪廻 人間は死んで無に帰するのではなく,各自ののために,来世において再び新しい肉体を得る。このように生死を無限に繰り返す。…

【歴史】より

…たしかに古代のインド人は,同時代のギリシアや中国で書かれた史書のような,史実を平易な文体で正確に記述した作品を,後世にほとんど伝えていない。その理由としてこれまで一般に挙げられてきたのが彼らの生命観・世界観であり,そこでは,(1)インド人は個人の生命を永遠に輪廻転生を繰り返す霊魂のごく一時的な存在としてしかみなかった。(2)現実世界に発生する政治や社会のできごともまた一時的現象とされ,なんらの重要性ももたぬものと考えられた。…

※「輪廻」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

輪廻の関連情報