コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神世七代 かみよななよ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

神世七代
かみよななよ

天地初発 (あめつちはじめ) のとき生成した神々の系譜。「かみよしちだい」とも読み,神代七代,天神七代とも書く。『古事記』と『日本書紀』では神の名に若干の違いがあるが,『古事記』によると別天神 (ことあまつかみ) 5神の次に出現した (1) クニノトコタチノカミ,(2) トヨクモヌノカミ,(3) ウヒジニノカミ,イモスヒジニノカミ,(4) ツヌグヒノカミ,イモイクグヒノカミ,(5) オホトノジノカミ,イモオホトノベノカミ,(6) オモダルノカミ,イモアヤカシコネノカミ,(7) イザナギノカミ,イモイザナミノカミの7代をいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

神世七代の関連キーワード伊弉諾尊・伊弉冉尊高天原系神話国常立尊惶根尊面足尊

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android