コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神口 カミクチ

大辞林 第三版の解説

かみくち【神口】

民間の巫女みこが神がかりして神託を告げること。死者や行方不明者の霊を呼び出して語る仏口ほとけくち(死口しにくちと生口いきくち)に対する言葉。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の神口の言及

【口寄せ】より

…それらはイタコ,イチコ,アズサ(梓巫女),アガタ,オカミン,オカミサマ,オナカマ,ワカ,マンチ,ホウニンなど地域ごとに名称を異にしているが,もっとも盛んなのは青森県を中心に本州北東部に分布するイタコと,沖縄を中心とする南島にみるユタである。口寄せには神霊ののりうつるカミオロシと死霊の憑依するホトケオロシがあり,前者を神口(かみくち),後者を死口(しにくち)という。ほかに生死不明の霊魂の憑く生口(いきくち)もまれにみられるが,もっとも多くは死口寄せである。…

【巫女∥神子】より

…ときには行方不明となった生者の口寄せもするが,それを生口(いきくち)と称する。これに対し死霊の場合を死口(しにくち),神霊の憑着による託宣を神口(かみくち)と区別し,巫法に若干の違いをみせている。神霊を下ろす神口は神社巫女の手法と類似するが,この神下ろしは,いかなる口寄せにあたっても冒頭に必ず試みねばならないとしているところに,古風さをしのばせている。…

※「神口」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

神口の関連キーワード京都府京都市上京区荒神町京都府京都市上京区亀屋町日本のおもな学会・協会京都市歴史資料館湯山製作所行方不明者高野七口沖縄文学法成寺口寄せ巫女死者広如民間

神口の関連情報