コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神流湖 かんなこ

2件 の用語解説(神流湖の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔群馬県(埼玉県)〕神流湖(かんなこ)


群馬・埼玉県境、神流川中流部の下久保(しもくぼ)ダムによってできた人造湖。下久保ダムは、1968年(昭和43)完成の、洪水調整・利水・灌漑(かんがい)・上水道・工業用水、発電などに利用されるダムで、重力式コンクリートダム(堤高129m、堤長605m、面積3.3km2、総貯水容量1億3000万m3)。コイ・ヘラブナなどの釣りやボート遊びなどができる。ダム下流に国の名勝、天然記念物の三波石(さんばせき)峡がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

神流湖(かんなこ)

群馬県藤岡市から埼玉県児玉郡神川町にまたがる地区、利根川水系神流川にある下久保ダムのダム湖。周辺には秩父多摩国立公園の山々が連なり、近郊には国の名勝に指定された三波石峡がある。2005年、財団法人水源地環境センターによりダム湖百選に選定。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の神流湖の言及

【神泉[村]】より

…山林が大部分を占め,山間の傾斜畑でコンニャクイモの栽培を中心にシイタケの栽培も行われる。1969年に下久保ダムが完成し,神流湖が出現した。このため旧矢納村の半分が水没して,人口が急減,現在の人口は県下市町村中最少である。…

【神流川】より

…上流部はほぼ東西方向の山中(さんちゆう)地溝帯を流れ,中流部には三波石(さんばせき)峡に見られる美しい緑色片岩が分布する。三波石峡のすぐ上流に下久保ダム(1967竣工)があり,神流湖をたたえる。ダムは堤高129m,有効貯水量1億2000万m3。…

※「神流湖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

神流湖の関連キーワード烏川神流川三波石峡下久保ダム利根大堰山流鬼石[町]上里[町]神流川発電所神泉[村]

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone