コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神流湖 かんなこ

日本の地名がわかる事典の解説

〔群馬県(埼玉県)〕神流湖(かんなこ)


群馬・埼玉県境、神流川中流部の下久保(しもくぼ)ダムによってできた人造湖。下久保ダムは、1968年(昭和43)完成の、洪水調整・利水・灌漑(かんがい)・上水道・工業用水、発電などに利用されるダムで、重力式コンクリートダム(堤高129m、堤長605m、面積3.3km2、総貯水容量1億3000万m3)。コイ・ヘラブナなどの釣りやボート遊びなどができる。ダム下流に国の名勝、天然記念物の三波石(さんばせき)峡がある。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

世界大百科事典内の神流湖の言及

【神泉[村]】より

…山林が大部分を占め,山間の傾斜畑でコンニャクイモの栽培を中心にシイタケの栽培も行われる。1969年に下久保ダムが完成し,神流湖が出現した。このため旧矢納村の半分が水没して,人口が急減,現在の人口は県下市町村中最少である。…

【神流川】より

…上流部はほぼ東西方向の山中(さんちゆう)地溝帯を流れ,中流部には三波石(さんばせき)峡に見られる美しい緑色片岩が分布する。三波石峡のすぐ上流に下久保ダム(1967竣工)があり,神流湖をたたえる。ダムは堤高129m,有効貯水量1億2000万m3。…

※「神流湖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

神流湖の関連キーワード上武県立自然公園群馬県藤岡市神泉[村]人造湖奥秩父上水道城峰山神泉鬼石

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android