コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三波石峡 さんばせききょう

5件 の用語解説(三波石峡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三波石峡
さんばせききょう

群馬県南西部,藤岡市南部,神流川中流の下久保ダムから下流約 1.5kmの間の渓谷。緑泥片岩に石英の白い縞模様のある三波石の大転石が河床に重なり合って美しい。国の名勝・天然記念物に指定されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

さんばせき‐きょう〔‐ケフ〕【三波石峡】

群馬・埼玉県境、利根川支流の神流(かんな)川の峡谷。下久保ダムの下流約1キロの範囲。川幅20~50メートルの両岸は高さ約10メートルの断崖で、三波石とよばれる緑色の結晶片岩がみられる名勝。天然記念物。三波峡。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

さんばせききょう【三波石峡】

三波峡ともいう。群馬県南西部,多野郡鬼石(おにし)町と埼玉県児玉郡神泉村の境界を流れる神流(かんな)川の中流にある渓谷。下久保ダム(1967竣工)から下流約1.5kmが,国の名勝・天然記念物に指定されている。渓谷の河床には三波石(いし)の大転石が堆積し,水に洗われた白い紋様が渓谷美をひきたてている。下久保ダムの建設後は水量が減り,若干景観をそこねた。渓谷沿いにハイキングコースがある。【有末 武夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔群馬県(埼玉県)〕三波石峡(さんばせききょう)


群馬・埼玉両県境、利根(とね)川水系の二次支流の神流(かんな)川中流にある峡谷。延長約1km。三波石とよばれる緑色を帯びた結晶片岩の岩石が渓谷美をつくる。三波石は庭石として珍重される。国の名勝・天然記念物。すぐ上流に神流湖(下久保(しもくぼ)ダム)があり、釣りやボート遊びが楽しめる。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三波石峡
さんばせききょう

群馬県南西部の神流(かんな)川の峡谷で、谷口集落の藤岡(ふじおかし)市鬼石(おにし)よりやや奥の譲原(ゆずりはら)地区より上流約4キロメートルの間をいう。三波石とは峡谷の名であるとともに、そこの岩石の名称でもある。岩石は長瀞(ながとろ)系御荷鉾(みかぶ)式変成岩の緑色岩で美しく、峡谷は両岸絶壁、河床には奇岩怪石が横たわり、古来名のあるものだけでも48石を数え、清流に調和して美観を呈す。国の名勝・天然記念物である。三波石は帯緑色の庭石として珍重され、県内各地や京浜地方に販売される。ただし指定区域内での採取は禁止されている。1968年(昭和43)東京都への上水供給などの多目的をもって竣工(しゅんこう)した下久保(しもくぼ)ダムと神流湖(周囲11キロメートル)は、三波石峡のすぐ上流にある。[村木定雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の三波石峡の言及

【三波石】より

…割れ目が多数平行に入り,淡緑や淡赤褐色を呈する美しい岩石である。これが露出する群馬県鬼石町の三波石峡は,名勝地,天然記念物に指定されている。緑色の岩石は緑泥石片岩といい,古生層の凝灰質泥岩が強い圧力を受けて変成した結果の産物である。…

※「三波石峡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三波石峡の関連情報