コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神田玄泉 かんだ・げんせん

1件 の用語解説(神田玄泉の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

神田玄泉

生年:生没年不詳
江戸中期の江戸の町医師。玄仙とも。出身地未詳。享保16(1731)年にわが国最古の魚譜といわれる『日東魚譜』全8巻を著した。同書は魚介類の「形状方言気味良毒主治効能」なども解説。他の著作として『本草考』『霊枢経註』『痘疹口訣』などの医学書もある。

(伊藤康宏)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

神田玄泉の関連キーワード町医者荒木加友飯田玄仙神田玄仙神戸習悦恋川ゆき町柴田元泰珠雀斎田中玄仙丹羽雲気

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone