神祇の大副(読み)じんぎのおおきすけ

精選版 日本国語大辞典「神祇の大副」の解説

じんぎ【神祇】 の 大副(おおきすけ・たいふ)

令制で、神祇官次官。定員一人。従五位下相当。下に少副一人以下がある。かんづかさのおおきすけ。
※九暦‐逸文・天暦九年(955)一〇月二八日「祭主神祇大副大中臣頼基捧御麻

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android