コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神経鞘 しんけいしょうneurilemma

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

神経鞘
しんけいしょう
neurilemma

シュワン鞘ともいう。末梢神経系の軸索 (神経線維) を包む透明な弾性薄膜で,シュワン細胞というきわめて薄い細胞から成る。中枢神経組織にはシュワン細胞が存在しない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しんけい‐しょう〔‐セウ〕【神経×鞘】

末梢神経神経線維(軸索)の最外層にある膜。シュワン細胞とよばれる薄い細胞からなり、栄養補給を担うとされる。シュワン鞘

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しんけいしょう【神経鞘】

末梢神経繊維の外側を取り巻いている膜。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

神経鞘の関連キーワードレックリングハウゼン病マイクロサージェリー小脳橋角部腫瘍後頭蓋窩腫瘍末梢神経損傷悪性軟部腫瘍無髄神経繊維クモ膜嚢胞唾液腺腫瘍脳良性腫瘍聴神経腫瘍サイナス腺シュワルベ橋(脳)目(め)神経終末神経繊維無髄神経脊髄腫瘍神経鞘腫