神経線維(読み)しんけいせんい(英語表記)nerve fiber

  • しんけいせんい〔センヰ〕
  • 神経線維/神経繊維

翻訳|nerve fiber

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニューロンの一部で,神経細胞軸索突起をいう。無髄のものと有髄のものに分れる。前者髄鞘をもたない細い軸索で,汗腺,血管を支配している交感神経などにみられる。後者は普通の神経線維で,ゲル状の軸索の上に髄鞘をかぶり,さらにその上を神経鞘 (シュワン鞘) がおおっている。髄鞘は絶縁体の働きをするが,1~3(mm) の間隔で切れ目があり,この部分はランビエの絞輪といわれ,電気抵抗が低い。このためインパルス伝導は飛び石状に絞輪から絞輪へと効果的に行われる。シュワン鞘は神経細胞の栄養および物質交換に関する機能を果しているが,中枢のニューロンではこの代りにグリア細胞 (神経膠細胞) が付着している。インパルスの伝導速度は神経線維の直径に正比例し,神経線維は左右に交差したり,上行性,下行性のものなどが複雑に連絡している。その連絡の仕方から連合線維,交連線維,投射線維に大別される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

神経線維の関連情報