コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

末梢神経系 まっしょうしんけいけい peripheral nervous system

6件 の用語解説(末梢神経系の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

末梢神経系
まっしょうしんけいけい
peripheral nervous system

中枢神経系 (脳と脊髄) と身体末梢部を連絡する神経の総称。脳脊髄神経 (→脳神経 , 脊髄神経 ) と自律神経 (→自律神経系 ) に大別される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

まっしょうしんけい‐けい〔マツセウシンケイ‐〕【末×梢神経系】

神経系のうち、中枢神経系から出て、体表や体内の諸器官に分布する神経の総称。求心性神経系と遠心性神経系とに分けられ、また感覚神経運動神経自律神経に大別される。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

末梢神経系

 中枢神経系に対していう.中枢神経系と区別して,それ以外の身体の各部に分布している神経.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

まっしょうしんけいけい【末梢神経系 peripheral nervous system】

動物の神経系のうち,脳および脊髄(中枢神経)と末端の受容器または効果器(奏効器)とを連絡する神経の総称。末梢神経系には脳脊髄神経と自律神経とがあり,脳脊髄神経はさらに,神経の出る部位によって,脳神経脊髄神経に大別される。無脊椎動物の神経系は,全体として網状,はしご状で,脊椎動物末梢神経系に対応すると思われる。脊椎動物では,脊髄神経は元来節状に分布し,その数は体節の数たとえば脊椎(椎骨)の数が多ければ増加する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

まっしょうしんけいけい【末梢神経系】

中枢神経系と末端器官を結ぶ興奮の伝導路。脊椎動物では形態からは脳脊髄神経系と自律神経系に分けられ,機能的には運動神経系・感覚神経系・自律神経系に分けられる。 ↔ 中枢神経系

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

末梢神経系
まっしょうしんけいけい

中枢神経系(脳と脊髄(せきずい))以外の神経系で、体内の末端器官と中枢との間で興奮を伝達する経路。末梢神経系の主体をなすものは軸索突起の束、すなわち末梢神経(いわゆる神経)とよばれるものである。このほか、神経節とよばれる体内の神経細胞集団も末梢神経系に属する。末梢神経系は、一般に体性神経系(動物神経系)と自律神経系(植物神経系)とに分けられ、前者はさらに運動神経系と知覚神経系に分けられる。運動神経系は興奮を中枢から末端(骨格筋)へ伝え、筋の運動をおこさせる(この働きを遠心性とよぶ)。知覚神経系は興奮を末端器官の感覚受容装置から中枢へ伝え、感覚をおこさせる(この働きを求心性とよぶ)。自律神経系は内臓器官、血管、腺(せん)などの自律性(不随意性)器官に分布していて、体性神経系と対立するものである。自律神経系には交感神経系と副交感神経系とがあり、両者は相反する作用をしながら協調的に働いている。これを拮抗(きっこう)的作用という。
 中枢神経から出た末梢神経はしだいに枝分れしながら全身に広がり、末端に達するが、中枢神経から末梢神経に移行する場所によって、末梢神経を脳神経(12対)と脊髄神経(31対)に分ける。特定の末梢神経がその働きを失い、支配する筋肉が収縮しなくなる疾患を神経麻痺(まひ)といい、末梢神経の経路に沿っておこる痛みを神経痛とよんでいる。[嶋井和世]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の末梢神経系の言及

【神経系】より

…図4に大脳半球の系統発生を示す。【正井 秀夫】
【中枢神経系と末梢神経系】
 脊椎動物の神経系には中枢神経系central nervous systemと末梢神経系peripheral nervous systemが区別される。中枢神経系とはbrainと脊髄spinal cordのことである。…

【神経系】より

…髄鞘の実体は神経膠の細胞膜であって,軸索のまわりをなん層にもなって取り巻いていることが多い。この髄鞘を形成する神経膠は,中枢神経系ではオリゴデンドログリアoligodendrogliaと呼ばれる神経膠の一種であり,末梢神経系ではシュワン細胞Schwann’s cell(末梢神経系の神経膠)である。 ニューロンの樹状突起や軸索を細胞体から切り離すと,切り離された部分は必ず変性して消失してしまう。…

【神経節】より

…末梢神経系における神経細胞体の集合をいう。これに対し,中枢神経系(脳と脊髄)内における神経細胞体の集合を(神経)核nucleus(細胞の〈核〉と文字は同じであるが概念はまったく違う点に注意)という。…

【組織】より

… 神経組織は神経細胞(ニューロン)とグリア細胞(神経膠細胞)からなり,生体情報の有線的伝達にあずかる。高等動物では,脳と脊髄を中枢神経系,これらより外に出ているものを末梢神経系という。中枢神経系では神経組織に血管とそれにともなう結合組織が加わっていて,神経細胞体の多く存在する部位を灰白質,神経繊維の多い部位を白質とよぶ。…

※「末梢神経系」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

末梢神経系の関連キーワード中枢神経系運動中枢中枢神経中枢中枢神経細胞中枢神経中枢性疼痛中枢神経系興奮薬中枢神経系 (central nervous system)

今日のキーワード

パラリンピック

障害者スポーツ最高峰の大会。国際パラリンピック委員会(IPC : International Paralympic Committee)が主催している。もう1つのオリンピックという意味を表すparal...

続きを読む

コトバンク for iPhone

末梢神経系の関連情報