コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神迎え カミムカエ

デジタル大辞泉の解説

かみ‐むかえ〔‐むかへ〕【神迎え】

陰暦10月晦日(みそか)、または11月1日に、出雲大社から帰ってくるという神を迎えること。また、その祭り。 冬》「はらはらとはしる雑仕や―/青畝」⇔神送り

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

神迎え【かみむかえ】

神送り・神迎え

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

かみむかえ【神迎え】

陰暦10月晦日みそかの夜、または11月1日の早朝に、出雲大社から帰ってくるといわれる神を迎える祭り。 ↔ 神送り [季] 冬。 《 野々宮や四五人よりて- /野村泊月 》

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の神迎えの言及

【神送り・神迎え】より

…旧暦10月に全国の神々が出雲に集まるとされ,各地で神送り・神迎え,お上り・お下りなどと称する神事が行われている。他地方で神無月(かんなづき)とするのに対して,出雲では神在月(かみありづき)と称して,島根県八束郡鹿島町の佐太(さだ)神社で神在祭を行っている。…

※「神迎え」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

神迎えの関連キーワード年中行事(ねんじゅうぎょうじ)神送り・神迎え盆(先祖祭り)高千穂神楽御阿礼神事年中行事宗像大社出雲信仰野村泊月西浦田楽荒神神楽稲佐の浜あらう海神祭稲佐浜神幸祭迎え火雑仕直会庭火

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

神迎えの関連情報