神迎え(読み)カミムカエ

デジタル大辞泉の解説

かみ‐むかえ〔‐むかへ〕【神迎え】

陰暦10月晦日(みそか)、または11月1日に、出雲大社から帰ってくるという神を迎えること。また、その祭り。 冬》「はらはらとはしる雑仕や―/青畝」⇔神送り

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かみむかえ【神迎え】

陰暦10月晦日みそかの夜、または11月1日の早朝に、出雲大社から帰ってくるといわれる神を迎える祭り。 ⇔ 神送り [季] 冬。 《 野々宮や四五人よりて- /野村泊月 》

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の神迎えの言及

【神送り・神迎え】より

…旧暦10月に全国の神々が出雲に集まるとされ,各地で神送り・神迎え,お上り・お下りなどと称する神事が行われている。他地方で神無月(かんなづき)とするのに対して,出雲では神在月(かみありづき)と称して,島根県八束郡鹿島町の佐太(さだ)神社で神在祭を行っている。…

※「神迎え」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

神迎えの関連情報