コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雑仕 ゾウシ

大辞林 第三版の解説

ぞうし【雑仕】

平安時代以降、宮中や貴族の家で、使い走りや雑役ぞうやくをつとめた下級の役。行幸・行啓の供奉ぐぶなどもつとめた。 「台盤所の-ぞ御使には来たる/枕草子 277
雑仕女ぞうしめ」に同じ。 「建礼門院の-、横笛といふ女あり/平家 10

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android