阿波野青畝(読み)アワノセイホ

デジタル大辞泉 「阿波野青畝」の意味・読み・例文・類語

あわの‐せいほ〔あはの‐〕【阿波野青畝】

[1899~1992]俳人奈良の生まれ。本名、敏雄。「ホトトギス」で活躍し、俳誌かつらぎ」を創刊市井生活題材に、自在な句境を示した。句集万両」「春の鳶」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「阿波野青畝」の意味・読み・例文・類語

あわの‐せいほ【阿波野青畝】

  1. 俳人。奈良の生まれ。本名、敏雄。「ホトトギス」で活躍し、俳誌「かつらぎ」を主宰した。句集「万両」「春の鳶」など。(一八九九‐一九九二

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ) 「阿波野青畝」の意味・わかりやすい解説

阿波野青畝
あわのせいほ
(1899―1992)

俳人。明治32年2月10日奈良県に生まれる。本名橋本敏雄。のち阿波野家を継いだ。畝傍(うねび)中学在学中より原田浜人(ひんじん)に俳句を学び、浜人が『ホトトギス』を脱退後はもっぱら高浜虚子(きょし)に師事して、昭和初頭、秋桜子(しゅうおうし)、誓子(せいし)、素十(すじゅう)らと『ホトトギス』の4Sと称せられた。1929年(昭和4)『かつらぎ』を創刊し、関西俳壇の重鎮、昭和俳壇屈指の作者と目された。句集『万両』(1931)、『国原(くにはら)』(1942)、『春の鳶(とび)』(1952)、『紅葉(もみじ)の賀(が)』(1962)、『不勝簪(ふしょうしん)』(1980)などが著名で、『甲子園』(1972)は翌1973年第7回蛇笏(だこつ)賞を受けた。

 葛城(かつらぎ)の山懐(やまふところ)に寝釈迦(ねじゃか)かな
村山古郷

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「阿波野青畝」の意味・わかりやすい解説

阿波野青畝
あわのせいほ

[生]1899.2.10. 奈良,高取
[没]1992.12.22. 兵庫,西宮
俳人。本名,敏雄。旧姓,橋本。 1923年結婚して阿波野家に入った。畝傍中学校2年の頃句作を始め,大正初期から高浜虚子に師事,昭和初期には秋桜子 (水原) ,誓子 (山口) ,素十 (高野) とともに四Sと並称されて『ホトトギス』の黄金時代をになった。生来耳が遠く,それが「君を駆って抒情詩人たらしめた」とは虚子の評であるが,少年期からの主情的特質がもの自体に即して表現される庶民性に特色がある。 29年から俳誌『かつらぎ』を主宰する。句集は『万両』 (1931) ,『国原』 (42) ,『春の鳶』 (52) ,『紅葉の賀』 (62) ,『甲子園』 (72) ,『不勝簪』 (80) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plus 「阿波野青畝」の解説

阿波野青畝 あわの-せいほ

1899-1992 大正-平成時代の俳人。
明治32年2月10日生まれ。原田浜人(ひんじん),高浜虚子に師事し,水原秋桜子,山口誓子,高野素十(すじゅう)とともに「ホトトギス派の4S」といわれる。昭和4年俳誌「かつらぎ」を創刊,主宰した。48年蛇笏(だこつ)賞,平成4年日本詩歌文学館賞。平成4年12月22日死去。93歳。奈良県出身。畝傍(うねび)中学卒。旧姓は橋本。本名は敏雄。句集に「万両」「春の鳶(とび)」「甲子園」など。
【格言など】白魚は仮名ちるごとく煮えにけり(「西湖」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android