コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神送り(読み)かみおくり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

神送り
かみおくり

旧暦 10月には諸国の神々が出雲に集るという伝承に由来し,神々の出発を送る祭りのこと。神々の出発をお上り,神立ち,お飛びなどと呼び,9月 30日に神送りをする習俗が多くの地方で伝承されている。神の不在期間には,10月 20日の戎講 (えびすこう) の事実から,えびす神を留守神として信仰する例が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

かみおくり【神送り】

陰暦9月30日または10月1日、出雲に旅立つ神を送り出すこと。また、その日の宮参り。 ⇔ 神迎え [季] 冬。 《 荒るゝものと知ればたふとし- /鬼貫 》
疫病神を追い払うこと。また、その儀礼。
[句項目] 神送りの風

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

神送りの関連情報