コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神送り かみおくり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

神送り
かみおくり

旧暦 10月には諸国の神々が出雲に集るという伝承に由来し,神々の出発を送る祭りのこと。神々の出発をお上り,神立ち,お飛びなどと呼び,9月 30日に神送りをする習俗が多くの地方で伝承されている。神の不在期間には,10月 20日の戎講 (えびすこう) の事実から,えびす神を留守神として信仰する例が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かみ‐おくり【神送り】

陰暦9月晦日(みそか)、または10月1日に、全国の神々が出雲大社へ旅立つこと。また、これを送る行事。この日は強い風が吹くといわれる。 冬》「しぐれずに空行く風や―/子規」⇔神迎え
厄神を追い払う行事。鹿島流し疱瘡神(ほうそうがみ)送りなど。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かみおくり【神送り】

陰暦9月30日または10月1日、出雲に旅立つ神を送り出すこと。また、その日の宮参り。 ⇔ 神迎え [季] 冬。 《 荒るゝものと知ればたふとし- /鬼貫 》
疫病神を追い払うこと。また、その儀礼。
[句項目] 神送りの風

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

神送りの関連キーワード掛け踊り・掛踊り神送り・神迎え盆(先祖祭り)神送り・神迎え霜月祭[遠山]高千穂神楽西浦田楽年中行事疫病送り三月節供銀鏡神楽出雲信仰貧乏神雛人形鹿島踊盆踊り風流踊十日夜虫送り遠山祭

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

神送りの関連情報