コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

禹之鼎 うしてい

1件 の用語解説(禹之鼎の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

禹之鼎【うしてい】

中国,清朝康煕年間の宮廷画家。江蘇の出身で,字を上吉といい,慎斎と号した。人物画,ことに故実風俗画にすぐれ,繊細な筆致と柔らかい陰影法を伴う着色によって優雅な雰囲気をかもす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

禹之鼎の関連キーワード焦秉貞夏珪王原祁地丁銀フーケ清朝吹青常盤光長ファンダイク郭熙

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone