コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

禿立ち カブロダチ

デジタル大辞泉の解説

かぶろ‐だち【×禿立ち】

遊女になる前の見習い期間。かぶろ3の年ごろ。
「―より見ならひ、わざと教へるまでもなし」〈浮・一代女・一〉
かぶろ3出身の遊女。
「とんと坐りしゐずまひは、―見るごとくなり」〈浄・反魂香

かむろ‐だち【×禿立ち】

かぶろだち」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かぶろだち【禿立ち】

上級の遊女に仕えて、見習いをする期間。かぶろの頃。 「 -より見ならひ/浮世草子・一代女 1
かぶろの頃から遊里にいて、遊里のことをよくわきまえている遊女。 「とんと坐りしゐずまひは、-見るごとくなり/浄瑠璃・反魂香」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報