私利私欲(読み)しりしよく

四字熟語を知る辞典「私利私欲」の解説

私利私欲

自分利益を第一に考え、それを満たそうとする気持ち。

[使用例] 私利私欲のために平然と政治をミダっている[山本周五郎*日日平安|1954]

[使用例] 私もかつて大きな病をして〈〉患者の苦しみを知って医者になろうと決心したのです。決して私利私欲を求めてのことではありません[渡辺淳一*花埋み|1970]

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

デジタル大辞泉「私利私欲」の解説

しり‐しよく【私利私欲】

自分の利益を第一に考え、それを満たそうとする気持ち。「私利私欲に目がくらんで信用を失う」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android