秋元安民(読み)あきもと やすたみ

美術人名辞典の解説

秋元安民

幕末の国学者。播州姫路藩士。通称は正一郎・正蔭・逸民・御民、字は正朔、号は空室。小野藩士大国隆正の門に入り国典・歌文を学んだのち伴信友に師事する。西洋諸国の風土文物を究め、西洋形帆船の製造、尊攘等の活動も活発。著書に『就中宇宙起源』『例語部類』等がある。文久2年(1862)歿、40才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

秋元安民
あきもとやすたみ

[生]文政6(1823).1.1. 姫路
[没]文久2(1862).8.29. 京都
江戸時代後期の姫路藩の国学者。大国隆正,伴信友に学ぶ。著書『古語拾遺異本考』『古祝詞新疏』。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

事実婚

内縁と同様,法律上の婚姻成立要件を欠くカップルの関係。内縁との違いは,当該男女が,現行の婚姻制度に対しなんらかの疑問をもち,積極的・自発的に法律婚を選択しないという点にある。たとえば,今日の法律婚は女...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android