秋元安民(読み)あきもと やすたみ

美術人名辞典の解説

秋元安民

幕末の国学者。播州姫路藩士。通称は正一郎・正蔭・逸民御民、字は正朔、号は空室。小野藩士大国隆正の門に入り国典・歌文を学んだのち伴信友に師事する。西洋諸国の風土文物を究め、西洋形帆船の製造、尊攘等の活動も活発。著書に『就中宇宙起源』『例語部類』等がある。文久2年(1862)歿、40才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

秋元安民
あきもとやすたみ

[生]文政6(1823).1.1. 姫路
[没]文久2(1862).8.29. 京都
江戸時代後期の姫路藩の国学者。大国隆正,伴信友に学ぶ。著書『古語拾遺異本考』『古祝詞新疏』。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android