秋元安民(読み)あきもと やすたみ

美術人名辞典の解説

秋元安民

幕末の国学者。播州姫路藩士。通称は正一郎・正蔭・逸民・御民、字は正朔、号は空室。小野藩士大国隆正の門に入り国典・歌文を学んだのち伴信友に師事する。西洋諸国の風土文物を究め、西洋形帆船の製造、尊攘等の活動も活発。著書に『就中宇宙起源』『例語部類』等がある。文久2年(1862)歿、40才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

秋元安民
あきもとやすたみ

[生]文政6(1823).1.1. 姫路
[没]文久2(1862).8.29. 京都
江戸時代後期の姫路藩の国学者。大国隆正,伴信友に学ぶ。著書『古語拾遺異本考』『古祝詞新疏』。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android