コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋元正一郎 あきもと しょういちろう

2件 の用語解説(秋元正一郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

秋元正一郎 あきもと-しょういちろう

1823-1862 幕末の国学者。
文政6年1月1日生まれ。大国隆正(たかまさ),伴信友(ばん-のぶとも)にまなび,播磨(はりま)(兵庫県)姫路藩の藩校好古堂国学寮教授となる。また江戸で西洋帆船の構造を研究し,藩の洋式帆船建造につくした。文久2年8月29日死去。40歳。名は安民,正蔭,逸民,御民。号は空室。著作に「伊勢の浜荻」「安政三十六歌仙」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

秋元正一郎

没年:文久2.8.29(1862.9.22)
生年:文政6.1.1(1823.2.11)
江戸後期の国学者,洋学家。姫路藩(兵庫県)藩士秋元右源次の子。名安民,正蔭など。少年時代から博識を誇り,やがて小野藩(兵庫県)藩士大国隆正に国学を学び,その養子となるが,のち辞して秋元氏に復姓し,小野藩の伴信友についてさらに学を究める。姫路藩に戻ってからは国学寮教授となり尊王論を説く。そのかたわら洋学も修め,安政年間(1854~60),江戸で西洋帆船の構造を研究し,藩主酒井忠顕に洋式船建造を進言,やがて諸藩にさきがけて西洋型帆船「速鳥丸」が建造され,日本海運史上の画期となった。その後諸藩の志士と交わり,勤王家として活動するが,病を得て京都に没した。著作に『伊勢の浜荻』『安政三十六歌仙』など。

(飯倉洋一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

秋元正一郎の関連キーワードシーボルトサイゴン条約黒住教荘厳ミサ曲木村嘉平ロゼロ菅野序遊科学史白河藩秋元正一郎

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone