姫路(読み)ひめじ

精選版 日本国語大辞典「姫路」の解説

ひめじ ひめぢ【姫路】

(姫路城のある姫山が、古く日女道丘(ひめじがおか)と呼ばれていたことによる) 兵庫県南西部の地名播磨平野の中央部にあり、瀬戸内海に面する。古代播磨国国府国分寺が置かれた。中世赤松氏が姫路城を築城、その城下町となり、江戸時代は池田氏・本多氏などの城下町、西国街道の宿場町として繁栄。明治三〇年(一八九七)第十師団が置かれて軍都となり、第二次世界大戦後は鉄鋼繊維化学電機などの商工業都市として発展。姫路城、円教寺などがある。明治二二年(一八八九市制

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android