コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋山自雲 あきやまじうん

1件 の用語解説(秋山自雲の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

あきやまじうん【秋山自雲】

秋山自雲霊神とよばれ,江戸浅草玉姫町にある日蓮宗本性寺の境内神で,痔の病に霊験ありとして広く喧伝された。新川の酒問屋岡田孫右衛門の手代善兵衛が,7年にわたって痔疾に苦しみ,1744年(延享1)9月21日に没し,秀山智想居士という戒名を与えられた。善兵衛は,苦しみの中で,もし自分が死んだら,痔疾に悩む者を救おうと誓っていたという。生前のこの誓願によって,死後に霊神とまつられて利益を与える神となった。この後,自雲霊神は日蓮宗の寺にまつられて,腰から下の病に霊験ありとして,多くの信者を集めている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone