コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋山自雲 あきやまじうん

1件 の用語解説(秋山自雲の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

あきやまじうん【秋山自雲】

秋山自雲霊神とよばれ,江戸浅草玉姫町にある日蓮宗本性寺の境内神で,痔の病に霊験ありとして広く喧伝された。新川の酒問屋岡田孫右衛門の手代善兵衛が,7年にわたって痔疾に苦しみ,1744年(延享1)9月21日に没し,秀山智想居士という戒名を与えられた。善兵衛は,苦しみの中で,もし自分が死んだら,痔疾に悩む者を救おうと誓っていたという。生前のこの誓願によって,死後に霊神とまつられて利益を与える神となった。この後,自雲霊神は日蓮宗の寺にまつられて,腰から下の病に霊験ありとして,多くの信者を集めている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

秋山自雲の関連キーワード浅草庵市人御霊神社白玉姫霊神高皇産霊神秋山平十郎清元栄次郎(初代)玉川正寿寺部屯麿北幸

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone