生前(読み)しょうぜん

精選版 日本国語大辞典「生前」の解説

しょう‐ぜん シャウ‥【生前】

〘名〙 (「しょう」は「生」の呉音) (今は死んでいる人の)生きている間。存命中。せいぜん。そうぜん。
※新撰万葉(893‐913)上「生前不幸希恩愛。歎殺蕭郎抂馬蹄
※曾我物語(南北朝頃)三「その忠節に申かへて、曾我の子どもをあづかりおき候はば、しゃうぜんの御恩と存じ候べし」

そう‐ぜん サウ‥【生前】

〘名〙 (「さう」は「しゃう」の直音表記) (「死後」に対して)生きている間。存命中。せいぜん。
中納言(11C中‐13C頃)虫めづる姫君「さうぜんのおやならむ」

せい‐ぜん【生前】

〘名〙 生きていた時。死ぬ前。在世中。しょうぜん。〔広益熟字典(1874)〕
※日本読本(1887)〈新保磐次〉六「今日千万の金を積むとも生前一杯の水を供し難し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「生前」の解説

そう‐ぜん〔サウ‐〕【生前】

《「そう」は「しょう」の直音表記》生きている間。せいぜん。しょうぜん。
「―の親ならむ」〈堤・虫めづる姫君

しょう‐ぜん〔シヤウ‐〕【生前】

せいぜん(生前)」に同じ。
「―の面目此上や候べき」〈樗牛滝口入道
生まれる以前。〈日葡

せい‐ぜん【生前】

その人が生きていたとき。死ぬ前。在世中。しょうぜん。「生前をしのぶ」「生前功労により」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android