コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋山 あきやま

9件 の用語解説(秋山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

秋山
あきやま

山梨県東端,上野原市南部を占める旧村域。東で神奈川県に接する。 1889年村制。 2005年上野原町と合体して上野原市となった。大部分は山林で,桂川の支流秋山川沿いに集落が点在する。主産業は林業であるが,近郊住宅地化が進んでいる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あき‐やま【秋山】

秋の季節の山。秋の山。 秋》

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

あきやま【秋山】

秋の季節の山。秋の山。 [季] 秋。

あきやま【秋山】

姓氏の一。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

秋山
あきやま

山梨県東部、南都留(みなみつる)郡にあった旧村名(秋山村(むら))。現在は上野原(うえのはら)市の南部を占める。旧秋山村は2005年(平成17)北都留郡上野原町と合併して市制施行、上野原市となった。道志(どうし)山地に囲まれ、相模(さがみ)湖に注ぐ秋山川の渓谷に沿って東西に18の集落が並ぶ。交通はJR中央本線上野原駅または中央自動車道上野原インターチェンジから車で約15分。林業とくに木炭生産が主業であったが衰え、最近は弱電関係の部品工場が進出し、下請け的な家内工業が普及している。[横田忠夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

秋山の関連キーワード山梨県上野原市秋山山梨県上野原市新田山梨県上野原市犬目山梨県上野原市上野原山梨県上野原市大野山梨県上野原市川合山梨県上野原市西原山梨県上野原市鶴島山梨県上野原市八ツ沢山梨県上野原市和見

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

秋山の関連情報