秋草の(読み)アキクサノ

デジタル大辞泉の解説

あきくさ‐の【秋草の】

[枕]上代の呪術(じゅじゅつ)信仰の一つとして草を結んで幸福を祈るところから、「結ぶ」にかかる。
「―結びしひもを解くは悲しも」〈・一六一二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

あきくさ‐の【秋草の】

草の葉を結び合わせてしあわせを祈る習慣があったところから「結ぶ」にかかる。
※万葉(8C後)八・一六一二「神さぶと否(いな)にはあらず秋草乃結びし紐を解くは悲しも」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

タピオカドリンク

中国茶や紅茶などに球状のタピオカを入れた台湾発祥の飲料。「タピオカティー」とも呼ばれ、米国やアジア諸国で人気を集めている。日本では1990年代に台湾のチェーン店が進出して以来、若い女性を中心に幾度もブ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android