秋草の(読み)アキクサノ

デジタル大辞泉の解説

あきくさ‐の【秋草の】

[枕]上代の呪術(じゅじゅつ)信仰の一つとして草を結んで幸福を祈るところから、「結ぶ」にかかる。
「―結びしひもを解くは悲しも」〈・一六一二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

あきくさ‐の【秋草の】

草の葉を結び合わせてしあわせを祈る習慣があったところから「結ぶ」にかかる。
※万葉(8C後)八・一六一二「神さぶと否(いな)にはあらず秋草乃結びし紐を解くは悲しも」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

秋草のの関連情報