コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋里籬島 あきざと(あきさと) りとう

美術人名辞典の解説

秋里籬島

江戸中・後期の読本作者・俳人。京都の人。名は舜福、字は湘夕、通称は仁左衛門。日本各地を取材旅行し、読本や名所図会を著した。また、和歌俳諧を能くし、博学を以て世に呼ばれる。文化・文政(1804~1830)頃の人、生歿年未詳。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

秋里籬島 あきざと-りとう

?-? 江戸時代中期-後期の読み本作者,俳人。
京都の人。安永-文政(1772-1830)のころ活躍。「都名所図会」のほか各地を取材旅行しておおくの名所案内書を出版,挿絵入り軍記物語,俳諧(はいかい)入門書などもあらわした。名は舜福。字(あざな)は湘夕。通称は仁右衛門。著作に「源平盛衰記図会」「誹諧早作伝」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

秋里籬島

没年:文政末年(1830頃)
生年:生年不詳
江戸時代の読本作者。名は舜福,字は湘夕。仁左衛門と称した。籬島は号。京都の人。安永9(1780)年に刊行した『都名所図会』が大いに当たり,それ以降,画工を連れて諸国を実際に踏査し,『大和名所図会』『東海道名所図会』などを出版。大本で多くの挿絵を有するこうした「名所図会」は,その後流行したが,籬島はその先駆者である。また,軍記物を平易な文章にし,名所図会に倣って大本でそれに挿絵を多く入れた『源平盛衰記図会』を,寛政12(1800)年に刊行。これはまた,読本における「図会物」というジャンルの嚆矢となった。その他,俳書や辞書,作庭の書など,幅広い方面において40冊におよぶ著書がある。

(樫澤葉子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

秋里籬島の関連キーワード都林泉名勝図会名所記木曽谷

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android