コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秦伊侶具 はたの いろぐ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

秦伊侶具 はたの-いろぐ

「山城国風土記」逸文にみえる人物。
秦中家忌寸(はたのなかつやの-いみき)らの祖先。京都の伏見稲荷神社の社名起源譚によれば,伊侶具は稲をつみあげて富裕であったが,を的に矢を射たところ餅が白鳥となってとびさり,山の峰で稲となったので,そこが「いなり」と名づけられたという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

秦伊侶具

『山城国風土記』逸文で秦中家忌寸の祖とされる人物。京都市伏見区の稲荷神社の由来にかかわりを持つ。伊侶具は稲を積み上げて裕福だったが,餅を的にして弓を射ると,餅は白鳥になって山の頂きに飛び上がり稲に変化したので,イナリ(稲が成る)という社名をつけ,子孫がその祭りを行ったという。長者がおごって餅の的を射たところ,的が白鳥になるというのは説話の型で,餅から変じた白鳥は穀物の霊魂。秦伊侶具に由来する伏見の稲荷神社は,全国に広がる稲荷信仰本家本元であった。秦氏は半島から渡来して山城国(京都府)を本拠にした一族。

(西條勉)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android