コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秦大炬 はたの おおい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

秦大炬 はたの-おおい

?-? 奈良時代の農民。
播磨(はりま)(兵庫県)の人。「平安遺文」によれば,天平勝宝(てんぴょうしょうほう)5-7年(753-755)播磨守大伴犬養(おおともの-いぬかい)が選定した赤穂郡坂越(さこし),神戸両郷の大墾生(はぶ)内の山と葦原墾田を管理した。塩堤づくりに失敗し,この地をしりぞいたあとの延暦(えんりゃく)7年(788)東大寺・大伴家間で山境争いがおこったという。名は火炬(たいまつ)とも。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android