コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平安遺文 へいあんいぶん

百科事典マイペディアの解説

平安遺文【へいあんいぶん】

平安時代の古文書金石文などを,編年で編集した史料集。竹内理三編。1947年以降漸次刊行され,1976年の新続補遺刊行により完結。その後1978年・1980年に索引編が刊行された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

へいあんいぶん【平安遺文】

平安時代の古文書などを編年的に編集した史料集。竹内理三編。古文書編(11巻),金石文編(1巻),題跋編(1巻),索引編(2巻)よりなる。古文書編は1947年以来漸次刊行され,57年の第9巻で一応終結したが,以後の拾遺・補遺続・新補(第10巻,1962)および新続補遺(第11巻,1976改訂版)を合わせると,天応1年(781)より元暦2年(1185)に至る約400年間の5530通の文書を収める。金石文編(1960)はおよそ600点の金石文およびその逸文など,題跋編(1968)はおよそ3000点の題跋を収める。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

平安遺文の関連キーワード上野国交替実録帳竹内 理三朝原内親王古文書学平安時代流鏑馬秦大炬別名寛印遺文充文負名

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android