コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平安遺文 へいあんいぶん

百科事典マイペディアの解説

平安遺文【へいあんいぶん】

平安時代の古文書・金石文などを,編年で編集した史料集。竹内理三編。1947年以降漸次刊行され,1976年の新続補遺刊行により完結。その後1978年・1980年に索引編が刊行された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

へいあんいぶん【平安遺文】

平安時代の古文書などを編年的に編集した史料集。竹内理三編。古文書編(11巻),金石文編(1巻),題跋編(1巻),索引編(2巻)よりなる。古文書編は1947年以来漸次刊行され,57年の第9巻で一応終結したが,以後の拾遺・補遺続・新補(第10巻,1962)および新続補遺(第11巻,1976改訂版)を合わせると,天応1年(781)より元暦2年(1185)に至る約400年間の5530通の文書を収める。金石文編(1960)はおよそ600点の金石文およびその逸文など,題跋編(1968)はおよそ3000点の題跋を収める。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone