播磨(読み)はりま

精選版 日本国語大辞典「播磨」の解説

はりま【播磨】

山陽道八か国の一つ。大化改新後に、針間・針間鴨・明石の三か国が一国となる。国府国分寺はともに飾磨(しかま)郡(姫路市)に置かれた。鎌倉時代は梶原景時・小山朝政らが守護。南北朝時代以降は主に赤松氏支配下にあったが、天正八年(一五八〇)以降は羽柴秀吉、木下家定らが封じられた。関ケ原の戦い後池田輝政の所領となり、のち明石、赤穂などの諸藩天領に分割された。明治四年(一八七一)の廃藩置県後は姫路県となり、さらに飾磨県と改称され、同九年兵庫県に合併された。播州(ばんしゅう)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android