コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

移動構造 いどうこうぞうmigration structure

岩石学辞典の解説

移動構造

ある種の輝緑凝灰岩(シャルスタイン)で見られる流動構造に似た構造で,結晶質の針状や球状物質が大きな構成要素に沿って帯や縞状に配列する構造である[Gümbel : 1847].この構造は鉱物成分の移動が行なわれて,古い物質が新しい物質に改変されることが原因といわれている[Loewinson-Lessing & Struve : 1937].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

移動構造の関連情報