輝緑凝灰岩(読み)きりょくぎょうかいがん(英語表記)schalstein

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

輝緑凝灰岩
きりょくぎょうかいがん
schalstein

多少変質した塩基性凝灰岩。粘板岩,千枚岩とともに地層をつくる緑色岩は,肉眼的には輝緑凝灰岩と呼ばれ,顕微鏡観察で火成岩であれば,変輝緑岩 metadiabaseなどと命名することがある。厳密な意味の岩石名として用いられることはほとんどない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

輝緑凝灰岩【きりょくぎょうかいがん】

シャールスタインとも。変質した苦鉄質の火山岩火山砕屑岩を意味する言葉だが,今日では厳密な意味の岩石名としては用いない。日本では主に中〜古生代同種の岩石に対して用いられた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

岩石学辞典の解説

輝緑凝灰岩

シャルスタインのschalとは平な(flat)のことで,平盤状の岩石を意味し,塩基性火成岩あるいは凝灰岩がさらに変化したものである.この中には変朽安山岩や枕状熔岩などが含まれることがある.古いドイツの語で,元来は輝緑岩質凝灰岩(diabase tuff)あるいは変質した輝緑岩に用いられたが,その後はドイツの古生代の輝緑岩質凝灰岩にのみ使用されている.レーマンはこの語を変質したケラトファイアや変質したスピライトにも拡大して使用している[Stifft : 1825, Cotta : 1862, Pelikan : 1899, Lehmann : 1932].日本ではシャルスタインという語は非常に頻繁に使用されているが,内容がよく調べられていないので,シャルスタインと記載してある岩石の中には全く関係のない岩石が多数含まれている.極端な例では花崗岩質の深成岩なども含まれている場合があり,文献の中のシャルスタインについては十分な注意が必要である.緑色岩火山灰(greenstone ash)[Beche : 1837].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

きりょくぎょうかいがん【輝緑凝灰岩】

多少変質した塩基性火山噴出物の集合物に対する名称。凝灰岩ばかりではなく、凝灰角礫かくれき岩・集塊岩・溶岩なども含む。多くは緑色・赤紫色で変質しているものが多い。シャールスタイン。玄武岩質火山噴出物。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きりょく‐ぎょうかいがん ‥ギョウクヮイガン【輝緑凝灰岩】

〘名〙 日本の古生層や中生層にふくまれる玄武岩質の岩石。古生代や中生代の海底火山の産物。ほとんどつねに変成作用を受けていて、そのため各種の変成鉱物を含み、一般に暗緑色。〔英和和英地学字彙(1914)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ぴえん

悲しみの涙や嬉し泣きを表すネットスラング。「ピエーン」と声を上げながら泣いている様子を表す顔文字が語源とされ、軽い調子の文章で用いられる。女子中高生を中心にSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android