税源移譲(読み)ゼイゲンイジョウ

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

税源移譲

地方分権を推進するための三位一体改革の一環で、国税である所得税を減らし、地方税の住民税を増やすことで3兆円の財源を地方に移した。今年1月に所得税、6月に住民税の税率を変更。両税を合わせると、個人の税負担はほとんど変わらない仕組みになっている。各自治体では、国からの補助金が減った分を税収で補う形になり、税の徴収率を高めないとたちまち財政に響いてしまう。

(2007-11-26 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

税源移譲の関連情報