コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徴税 チョウゼイ

デジタル大辞泉の解説

ちょう‐ぜい【徴税】

[名](スル)税金を取り立てること。租税を徴収すること。また、その税金

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうぜい【徴税】

国家ないし地方公共団体が,その活動に要する費用を租税として徴収することを徴という。徴税を国民の側からみた場合には,これを納税という(〈納税の義務〉の項参照)。なお,内容の確定した納税義務の履行を求める手続を,狭義の徴税ということがある。 徴税の方法は,国により,また時代によりさまざまであるが,日本の現在の徴税制度は以下のような特色をもっている。すなわち,第1に,かつては,国家が私人に徴税を請け負わせる制度(徴税請負)等も存在したが,今日においては,国家ないし地方公共団体が直接徴税を行うのが原則である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ちょうぜい【徴税】

( 名 ) スル
租税を取り立てること。また、取り立てた税金。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

徴税の関連キーワードドゥームズデー・ブックダルガチ(達魯花赤)ザミーンダーリー制度ヘースティングズカーヌーンゴータールクダール負担公平の原則イルティザーム納税準備預金ディーワーンディフカーンシャウプ勧告租税回避行為デーシュムク千束善右衛門年貢割付状郷戸・房戸ティマール同盟の誓約エクイテス

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

徴税の関連情報