徴税(読み)ちょうぜい

精選版 日本国語大辞典「徴税」の解説

ちょう‐ぜい【徴税】

〘名〙 税金をとりたてること。租税を徴収すること。また、その租税。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉一「大統領は国王の変名にすぎず、興軍徴税等みな各州の自主に任すべし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「徴税」の解説

ちょうぜい【徴税】

国家ないし地方公共団体が,その活動に要する費用を租税として徴収することを徴税という。徴税を国民からみた場合には,これを納税という(〈納税の義務〉の項参照)。なお,内容の確定した納税義務履行を求める手続を,狭義の徴税ということがある。 徴税の方法は,国により,また時代によりさまざまであるが,日本の現在の徴税制度は以下のような特色をもっている。すなわち,第1に,かつては,国家が私人に徴税を請け負わせる制度(徴税請負)等も存在したが,今日においては,国家ないし地方公共団体が直接徴税を行うのが原則である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android