コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稗蒔き ヒエマキ

デジタル大辞泉の解説

ひえ‐まき【××蒔き】

鉢・水盤などに水を含んだ綿を置いてをまき、芽が出たのを青田に見立てて涼感を楽しむ盆栽。 夏》「―や疲れたる眼にみどりなり/風生

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひえまき【稗蒔き】

水盤や箱などにヒエをまき、芽の出たのを青田に見立てて涼感をめでるもの。 [季] 夏。 《 -に眼をなぐさむる読書かな /高橋淡路女 》 → 絹糸草

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

稗蒔きの関連キーワード高橋淡路女みどり

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android